おハナマルのつぶやき日記

元気や勇気を与えたい!今日がハッピーになるように

【初心者ママでもわかる!】サッカーのルール解説その2 -『道具』

適切なものをそろえましょう。

f:id:ohanamaru25:20180425225344j:plain

どうも、おハナマルです。

子供がサッカーを始めるとなったら、まずそろえなくてはいけないのが『サッカーで使う道具たち』。スポーツ用品店に行くと、サッカー用品がたくさんあって何を買えばいいのか、迷ってしまいます。

 

 

目次

1、最低限、必要なもの

2、あると便利なもの

3、もらえるものは、もらいましょう

 

 

 

 

1、最低限、必要なもの

f:id:ohanamaru25:20180425225449j:plain

まずは、サッカーの練習・試合参加のために、最低限必要な道具をそろえましょう。

 

 

①サッカーボール

大きさ(小学生用):4号球

※大人用の5号球や、重さの違うフットサルボールなどもあるので、間違わないように購入しましょう。

 

 

②ボールネット

 

③トレーニングシューズ

④すね当て

※商品リンクを貼っておいてなんですが、サイズが重要な『トレーニングシューズ』『すね当て』はネット販売で購入するのは難しいので、買うときは注意しましょう。

最初は実店舗に行って、店員さんに相談しながら、子供のサイズをしっかり見てもらいしっかりフィットしたものを買うといいでしょう。

 

 

⑤サッカーパンツ

⑥サッカーソックス

 

まずは最低限、これらがあれば練習で困ることはないでしょう。

トレーニングシューズ』『すね当て』『サッカーパンツ』『サッカーソックス』は、試合に出るには絶対に必要です。

ユニフォームは、そのチームによって買わなければいけなかったり、チーム全体で使っているものがあったり、そのチームによって違うので確認しましょう。

 

さらに、『サッカーパンツ』『サッカーソックス』も、チームによって色やメーカーの指定がある場合があるのでしっかり確認をしてから購入しましょう。

 

 

 

 

2、あると便利なもの

f:id:ohanamaru25:20180425225535j:plain

私の選手としての経験と、母としての経験上、あると便利なものをご紹介します。

 

①ボールバッグ

上で紹介した『ボールネット』のかわりに、今まさに、こちらのボール バッグが欲しいです。※

なぜかというと、子供たちがサッカーを始めてまだ5ヶ月だというのに、すでに2個ボールネットを壊しているからです(^_^;)

 

使い捨て覚悟で、安い『ボールネット』を使いまわすか、少し丈夫そうな『ボールバッグ』を使うか、考えたほうがよさそうです。 

 

※結局、下↓のサッカーバッグのようなバッグを買いました。

 

 

②サッカーバッグ

シューズやソックス、さらに水筒なども入れられるバッグがあると便利です。

このバッグだと、4号球(小学生サイズ)のサッカーボールも入るので、ボールネット・ボールバッグがいらなくなります。

 

 

③シンガードストッパー(すね当て止め)

こちらは、なくても平気な選手もいるのですが、私は選手時代使っていました。

試合や練習中、 これを使わないで『すね当て』をしていると、だんだんソックスの中で『すね当て』が落ちてきて、足首に当たって痛くなることがあったからです。

 

子供が痛がるようなら、用意してあげるといいでしょう。

 

 

④大きめのジャグ(水筒)

 夏場になると合宿があったり、水分摂取がとても多くなります。

持っていくのには重くて大変かもしれませんが、大きめのジャグを用意してあげましょう。

 

 

 

3、もらえるものは、もらいましょう

f:id:ohanamaru25:20180425225648j:plain

我が家では、小4・小2のお兄ちゃんたちが同時にサッカーを始めました。

もう、それはそれは出費が大変でした!

 

チームのママたちも、2人同時にチームに入ったことを知っているので、すぐに道具を用意できないときは、ソックスを貸してくれたり、おさがりをくれたり、とても協力してくれて助かりました。

 

 

「サッカーはボールさえあればできる」

なんて言われていますが、正式にやろうとなるとこれだけ道具が必要になります。

 

 

できるなら、お金に余裕があるとき、きちんと計画的にチームに入部させられるといいでしょう。

(とはいえ、子供のやる気はきまぐれだったりするので難しいですが…)

 

 

 

子供のサイズに合ったもの、長く使えるよい道具をそろえて、子供が楽しくサッカーを続けていける環境づくりを目指していきたいですね。

 

では。

 

 

 

 

合わせて読もう♪

 


hatena-fotolife hatena-fotolife


hatena-fotolife