おハナマルのつぶやき日記

元気や勇気を与えたい!今日がハッピーになるように

ウエディングブーケ- みんなの気持ちをひとつに

先生、ご結婚おめでとう!
f:id:ohanamaru25:20180327063559j:image

どうも、おハナマルです。

 

3月いっぱいで、次男(小1)がお世話になった保育園の先生が結婚し、保育園を退職されることになりました。

 

 

目次

1、同窓会をすることに

2、子供たちは大騒ぎ!

3、みんなの気持ちをひとつに

 

 

 

1、同窓会をすることに

「先生、結婚して保育園辞めるんだって」

と、下の子がまだ保育園にいる元役員仲間からグループLINEで教えられ、

 

「辞める前に先生に会いたいね」

「何かお祝いしたいね」

 

という話になりました。

そこからどんどん話が進み、

 

ピンクのお花※を一人1輪ずつプレゼント

役員じゃないメンバーにも声かけよう

みんな集まるのに、すぐ解散は寂しい

じゃあ、同窓会しよう!

先生も呼ぼう!!

 

ということで、結婚のお祝いから、同窓会をすることが決定しました。

 

※先生のイメージカラーは、役員ママ満場一致でピンクでした。

 

 

 

 

2、子供たちは大騒ぎ!
f:id:ohanamaru25:20180327064626j:image

(写真はイメージです)


『同窓会』当日、ピンクのお花を持った子供たちが、保育園の前に大集合です。

 

卒園から一年、少しは成長したかと思ったけど、すぐに大騒ぎを始める子供たち。

決めてた時間になり、保育園の門を開けると、勝手に走り出し園舎まで突撃してしまいました(汗)

 

 

在園児がまだ少しいた中で、申し訳ないなと感じつつ、騒ぐ子供たちを並ばせ、お花を渡しました!

 

 

久しぶりに会う子供たちから、嬉しそうにお花を受け取る先生。

とても微笑ましい光景でした。

 

 

 

3、みんなの気持ちをひとつに

実は、この『ピンクのお花を一人1輪ずつプレゼント』の話を聞いたとき、元花屋の私はひとつ心配なことがありました。

 

 

先生が、

もらったお花をお家に持って帰ったあと、『1輪ずつのお花』を解体する

ってすごく大変じゃない?

 

 

そこで、元役員メンバーに

「みんなのお花を『ウエディングブーケ』にしようか?」

と提案。

 

 「いいね!」と言ってもらえたので、先生のお花を一度預り、同窓会が始まるまでの時間に『ウエディングブーケ』を作ることにしました。

 

 

 

当日、ブーケを作るために、保育園から一度家に帰り、夫に解体作業を協力してもらいながら、ブーケを作り始めました。

(やっぱり、この解体を先生にやらせなくて良かった^^;結構、大変でした)

 

久しぶりの花束作りだったので、解体からラッピングまで約一時間…

 

 

ようやく完成しました!
f:id:ohanamaru25:20180326051911j:image

※時間がなくて、写真がこれしかありません(汗)

 

 

みんなからの気持ちをひとつにした

ウエディングブーケ

少しは自分の特技を、人の幸せのために生かせたかな?とても可愛いブーケができました!

 

 

 

その後、ブーケを持って、同窓会に合流。

同窓会では、やっぱり子供たちは大騒ぎしてました。

保育園ではないので大目に見つつ、お母さんたちと先生は楽しいお話タイムを過ごしました。

 

解散前には、先生に『ウエディングブーケ』をプレゼント。きっと喜んでくれてたと思います。

  

 

 

先生、ご結婚おめでとうございます!

末長く、幸せな結婚生活をお過ごしください。

 

 

 

 

<まとめ>

実はあとから「でしゃばり」だったかな、と心配になっちゃっていました。

 

だけど、他のお母さんたちが、

「可愛いかった!」「良かったよ!」

って言ってくれたし、

何より先生に手間をかけさせるのを防げたのは、良かったかなと思いました。

 

 

今回感じたのは、

 

◎贈り物をするときは、相手が貰った"先"のことを想像してみる

◎手間や迷惑がかからないように、極力、こちらで労力を取り除く

 

というのが大切かな、ということ。

 

自己満足なのかもしれないけど、

『子供たちから1輪ずつ』という可愛い贈り物を、【気持ちをひとつに】という形でブーケにし、先生へ贈ることができて本当に良かったです。

 

『贈り物』は、相手への配慮と想像力が大切ですね。

それでは。

 

 


hatena-fotolife hatena-fotolife


hatena-fotolife