おハナマルのつぶやき日記

元気や勇気を与えたい!今日がハッピーになるように

あなたが思う失敗は本当に失敗か - 娘が教えてくれたこと

<1歳8ヶ月の娘に教えてもらったこと>

f:id:ohanamaru25:20171017235213j:plain

(写真はイメージです)

どうも、今日も娘と過ごしているおハナマルです。

 

この2日、娘としっかり遊んで、ふと感じたことがあったので、書いていこうと思います。

 

 

 

目次

1、子供の遊びには失敗がない

2、小さい娘も学んでいる 

3、その『失敗』は本当に『失敗』か 

 

 

 

1、子供の遊びには失敗がない

一緒に遊ぶと言っても、子供の遊びには子供の世界があるので、基本的には傍観している私なのですが、よく観察していると、これが結構面白い。

 

 

今日の遊びは、

①キラキラしている3個の【おもちゃの石】をスプーンですくう

②大きめの【ミキサー車のおもちゃのタンク】に、その石を入れる

③【お皿】にバラバラ〜と石を出す

というのを繰り返すというもの。

 

 

最初は、スプーンの扱いが下手で、そもそも、スプーンを返すことが上手にできませんでした。

それが徐々に、ひっくり返すことができるようになってきました。

 

 

次の課題は、入れたい穴に石を入れること。

これも始めは、上の方でスプーンを返してしまい、穴に入らず、周りにこぼれていました。

 

 

その間彼女は、

嫌にもならず、泣きも怒りもせずに、

黙々と、落としたらもう一度スプーンで挑戦したり手で穴に入れたり入れたらバラバラ〜としたり、を楽しんでいました

 

何回か繰り返しているうちに、【穴の近くでスプーンを返せばこぼれにくい】ということに気がついたらしく、穴に入れるのも上手になっていました。

 

 

 

 

2、小さい娘も学んでいる

これを見ていて、こんなに小さい子供でも、繰り返し繰り返しやっているなかで、

【何をどうしたらそういう結果になるのか】をしっかり学んでいるんだな、って気が付きました。

 

 

そして、一番感じたこと。

大人なら、

 

『スプーンで穴に石が入れられないこと=失敗』

 

と、感じてしまいそうですが、彼女にとってはそうではなかった。

娘が泣いても怒ってもいないのが、その証拠。

 

 

確かに、スプーンで入れたいのは事実だろうけど、娘は、

スプーンで石をすくうこと』も『入れた石をバラバラ〜と出す』ことも楽しみで、

石を穴に入れる』のは、理想としてはスプーンだけど、それは手で入れても、ママに入れてもらっても、それはどちらでもよいことだったんです。

 

 

娘は、この一連の流れを楽しんでいたので、失敗は存在しなかったんですね。

 

 

 

 

3、その『失敗』は本当に『失敗』か

大人になるとなんとなく『これが成功例だ』と、いろんなことを決めつけてしまいがちだけど、それは実は【自分の思い込み】ってことも結構多いんじゃないかな、ってこと。

 

 

仕事にしても、家事にしても、何かをやるときは失敗することもあるとは思うけど、

人生において取り返しのつかないほどの失敗なんて、そうそうないと思うんです。

 

 

もし、何かに失敗して、今、あなたがとても落ち込んでいるとしたら、

 

 

すこし自分から離れたところから、自分を見てほしい。

 

 

そしたらきっと、

【スプーンで入れたい穴に、ちょっと間違って手で入れてしまった】

くらいの失敗かもしれません。 

 

 

 

思い込みの枠を外して、もっと違うところから物事を見たら、落ち込んでた気持ちや、絶望感から抜け出せるかもしれませんよ。

 

 

 

挑戦するから、失敗もあるんです。

挑戦しない人生なんて面白くないよね!って娘に教えてもらった気がします。

 

 

 

私は、毎日挑戦!これからも続けていきます!

では!

 

 


hatena-fotolife hatena-fotolife


hatena-fotolife