おハナマルのつぶやき日記

元気や勇気を与えたい!今日がハッピーになるように

長男の習い事 - 【頼りになる我が家のシェフ】

お題「うちの子自慢」

 

どうも、おハナマルです。

f:id:ohanamaru25:20171010063647j:plain

今日は長男の話。

 

うちの長男は小学3年生。

ある3連休中、なかなか嬉しいことをしてくれました。

 

 

連休最初の2日間は、次男の保育園の頃のお友達と集まる日になっていて、

 

1日目

『だだっ広い公園でサッカーしたりして走り回る』

2日目

『屋内遊具がたくさんある施設で遊び回る』

 

という、楽しくも、かなりハードな予定で埋まっていました。

そこに重なっていたのが、娘(1歳)の体調不良

 

 

 

公園で遊んだ日は、パパに見ていてもらったものの、

屋内の日は、置いていこうとしたらママモードになってしまい、仕方なく一緒に連れて行くことに・・・。

 

まぁ、着いてもほとんど寝ていたんですが、やはりこちらの精神的には疲れてしまいました(-_-;)

 

 

 

どちらの日も、疲れ+娘の不機嫌もあり、夕飯はもう、惣菜かカップ麺あたりでいいかなって思っていたんです。

 

 

 

そこに救世主が現れました!

夕飯作る〜♪

 と、長男が言ってくれたんです!

 

 

 

実はこの長男、6歳の頃から料理教室に通う『料理男子』。

お世辞抜きに、料理に関してはかなり戦力なんです。

 

<1日目>

家にあった材料は、運良く長男が何回も手伝ってくれている【青椒肉絲

ピーマン、ネギを切るのと、タケノコをザルに開けること、炒めることはできるので、ほとんど長男がやってくれました!

(大人が手を出したのは、お肉を切ることくらい)

 

+炊飯もやってくれました。

 

 

<2日目>

これまた、買い物にも行ってないので、家にあった材料で、【ピーマンチャンプル】(ゴーヤチャンプルのピーマン版)

 

まぁ、切るものは1日目とほぼ同じ。

プラスされたのは、豆腐切りと、卵を割って溶くこと。

お肉切りと、味付けは私がやったものの、これまたほとんど長男がやってくれました。

 

+炊飯も

 

 

 

料理習わせてて良かったね〜」って、長男自身も言っていたんですが、本当にこんなに助かるとは思ってなかったです。

 

 

 

料理を習わせた理由は、

料理はできて損することはない』というのと、

これからの時代、男も料理できないと』っていうのがあったんだけど、

基本的に長男に合っていたんだろうなぁ。

 

 

小学3年生で、これだけ戦力になってくれるなら、長男が『ご飯作っておいたよー』なんて言ってくれる日も、そう遠くないかも♪

 

 

こんな長男が、私の自慢です!

 

 

将来はシェフかな〜。

いろいろと楽しみな、おハナマルでした。

 

では。

 

 

 


hatena-fotolife hatena-fotolife


hatena-fotolife