おハナマルのつぶやき日記

元気や勇気を与えたい!今日がハッピーになるように

一人で抱え込まないように

気づかないストレスに要注意。

f:id:ohanamaru25:20171229010956j:plain

 

どうも、おハナマルです。

 

 

実家から離れて、夫の帰りも遅く、『話すのは子供だけ』という環境で子育てされてる方も多いのではないでしょうか?

 

『大人と会話できる』っていうのは、結構、重要なことだったんですね。

 

 

目次

1、大人と子供の違いって?

2、大人と話す環境をどう作るか

3、一歩踏み出す勇気を

 

 

 

1、大人と子供の違いって?

うちは長男が小学3年生。まぁ、会話はできるようにはなってきています。

それでも、やっぱり子供との会話です。

 

 

大人との会話』と『子供との会話』って何が違うのでしょうか。

 

 

子供と会話するときは、やはり無意識にも噛み砕いて話そうとしているので、頭を使っています。

それに対し、大人と会話するときには、自然と出る自分の言葉で話すことができます。

 

 

おそらく、語彙の量による理解力の差や、察知能力の差ではないかと思います。

 

 

 

 

2、大人と話す環境をどう作るか

『実家が遠い』『夫が遅い』場合、意識して大人と会話する環境を作る必要があります。

 

私なら、

夫が帰ってくるときはきちんと起きて会話をする

子供のサッカーの練習に顔を出してお母さんたちと交流する

などですね。

 

 

多少、体が疲れていたとしても、精神的なストレスが勝っている場合は、夫と話すのも大事な会話の時間になりそうです。 

また、お母さんたちの井戸端会議は、単なる世間話のようにみえて、実はとても大切なコミュニケーションタイムのようですね。

 

 

 

 

3、一歩踏み出す勇気を

ママ友がいなかったり、まだ保育所や幼稚園に通ってないママは、最初、お母さんたちの輪に入るのはドキドキしますよね。

 

まずは、深く関わるつもりじゃなくてもいいと思うんです。キッズスペースとかって、独特の会話が生まれやすい雰囲気があります。

 

 

今、何ヵ月ですか?

もう、立てるんですね~?

 

 

少し勇気を出して声をかけてみると、その時だけでも会話ができます。

そうすると、その1日、誰とも会話できなかった日より、なんとなく充実してたような、幸せなようなそんな感覚になれると思うんです。

児童館なんかのスタッフさんと話すことも、いいかもしれません。 

 

 

でも、「話さなきゃ」って思うことがストレスになってしまっては本末転倒。

そんな人は無理する必要はないですね。

 

なんかワーっと吐き出したくなったら、日記を書いたり、ブログに書いたり、そんなことでもいいかもしれませんね。

(私のブログのコメント欄を使ってくださっても構いませんよ笑)

 

 

今日から夫の年末年始のお休み。

普段、なかなか話せない分、しっかりコミュニケーションとって、来年の家族の目標でも立てたいものです。

 

では。

 

 

 

アウトプットをしたいなら↓

はてなブログ

クラウドワークス

もしもアフィリエイト

A8.net

でライティング・アフィリエイトもおすすめです!

 

 

合わせて読んでみて↓

ママは手を抜いたらダメ?-生活おハナマル

育休の暇をもて余してるママへ-生活おハナマル

 

 


hatena-fotolife