おハナマルのつぶやき日記

元気や勇気を与えたい!今日がハッピーになるように

3冊でわかる♪子供の喜ぶ絵本の読み方

お題「今日の出来事」

楽しい時間の共有が大事ですね!

f:id:ohanamaru25:20171017001717j:plain

どうも、おハナマルです。

 

当時1歳8ヶ月だった娘。 いつもは割と放任主義なのですが、この日はしっかり一緒に遊んでました。

最初はおもちゃを渡しては、上手に一人遊びをしている娘を見ていたのですが、なんとなく手に取った絵本から『絵本タイム』の始まり。

 

そのとき、とても楽しい時間を過ごせたので、その楽しい絵本の読み方をご紹介しちゃいます。

 

 

 

目次

1、【だるまさんが】

2、【がたんごとんがたんごとん】

3、【のりものいろいろかくれんぼ】

 

 

 

1、【だるまさんが】

 <1冊目>だるまさんが かがくいひろし/さく

 

これを一緒に読むと、娘はケラケラと笑って大喜び!

  

その作戦はこうです。 

この絵本は、だるまさんにわかりやすい【動き】があります。

 

例を挙げると、だるまさんが『どてっ』と転ぶページ。

それに合わせて、子供を【どてっ】と転ばせてあげるのです。

 

一緒に座って読んでいたので、横に少しコテッと倒す感じ。

 

ほかのページも、だるまさんに合わせて動きを変えると、すごく楽しんでくれていました!

  

 

<絵本紹介>

子供がいる家庭なら知ってる方も多い『だるまさん』シリーズ。

特に、この『だるまさんが』は子供に反応してもらいやすい1冊だと思いますよ!

 


だるまさんが

 


[絵本]「だるまさん」シリーズ「が・の・と」(3冊ケース入り)/かがくい ひろし

 

 

 

2、【がたんごとんがたんごとん】

<2冊目>がたんごとんがたんごとん (福音館あかちゃんの絵本) [ 安西水丸 ]

 

この絵本で使った作戦は、【スピードアップ作戦】。

乗り物が出てくるお話で、私がよく使う作戦です。

 

『がたんごとん』と、繰り返し出てくるのですが、その言葉はもちろん、途中に出てくる言葉も、ページめくりも、とにかくすべてを早くします!

 

多分、そのママの動きが面白いんでしょうね。すっごくウケます!

ちなみに、小学生のお兄ちゃんたちも、いまだにウケます(笑)。わかりやすく面白いんでしょうね。

 

 

<絵本紹介>

これは『がたんごとん』のリズムの繰り返し絵本。汽車にいろいろなモノが少しずつ乗っていくお話です。

ママやパパが楽しんでリズムに乗ると、子供も一緒に楽しめると思いますよ!

 


がたんごとんがたんごとん (福音館あかちゃんの絵本) [ 安西水丸 ]

 

 

 

3、【のりものいろいろかくれんぼ】

<3冊目>のりものいろいろかくれんぼ (これなあに?かたぬきえほん) [ いしかわこうじ ]

 

次の作戦は【おててをひらひら作戦

なんじゃそら、な作戦ですね。 きちんと説明しましょう。

 

この絵本には、ページの真ん中に穴が開いているのですが、その穴にママの手を入れて、『やっほ〜♪』と手を振るんです。

 

もはや、絵本の読み聞かせではありません(笑)

 

でも、いいんです!

子供はママと手をつなげて大喜び!

 

娘が喜んでいることが、この時間の【正解】ですからね。

 

 

<絵本紹介>

これは、絵の真ん中がくり抜かれてるしかけ絵本

最初のページでは輪郭のない乗り物が、ページをめくると、そのくり抜かれていた穴によって乗り物が完成する、というものです。

 


のりものいろいろかくれんぼ (これなあに?かたぬきえほん) [ いしかわこうじ ]

 

 

 

<まとめ>

f:id:ohanamaru25:20180223161806j:plain

こんな感じで、私の絵本タイムは、読み聞かせというよりは、『絵本遊び』の時間なのです。

 

ストーリーを聞かせたりすることも、もちろん大事ですが、あんまり固く考えて、本を読むのが面白くなくなるのも嫌なので、私はこの絵本タイムが楽しくていいかなって思ってます。

 

あなたのお子さんがどんな楽しみ方をするのか一緒に探しながら、

いろんな絵本の読み聞かせ時間をぜひ試してみてくださいね!

 

では、また。

 

 

 

 

子供と読むのにおすすめの本↓

 

 大人におすすめの本はこちら↓

 

 


hatena-fotolife